医療機関と連携!何処へ行っても改善しない痛みを根本改善します

梅雨対策!|2016/06/19

こんにちは!横浜市 南区 はら接骨院

スタッフの江川です‼︎

いや〜。梅雨ですね。

いやな時期となりました。。

沖縄県は一足早く梅雨明けが宣言されていますが日本の広い範囲でまだまだ梅雨ですね。

さて、今回はそんな梅雨にまつわるお話を。

紫陽花

皆さんは梅雨どきになるとカラダがだるくなったり、重くなる、いわゆる倦怠感を感じることが多くなりませんか?

江川は、丈夫な方だと思っているのですが、案外この時期のダルさに弱いのです。。。

この時期のなぜ体が重くなるのか。

それは、、、

入梅前および梅雨時は、低気圧配置により、副交感神経が優位になってしまうので

身体が“お休みモード”になってしまい、多くの人が、『だるい』『やる気がでない』といった症状を感じやすくなります。

その結果、身体の活動量が減り、『血行』(血の巡り)が悪くなります。

また、気圧の低い状態は、炎症物質(発痛物質)であるヒスタミンの分泌が多くなると言われています。

そのため、肩こり、偏頭痛、腰痛などがひどくなる人も増えるのです。

ヒスタミンは、身体を緊張させる交感神経を刺激するので、身体は『ストレス』を感じやすくなります。

ストレスを感じた身体は、“活動モード”となり、末梢血管を収縮させ、手足の先まで血がめぐりづらくなり

『血行』が悪くなってしまいます。

その結果、手足の冷えが起こったりします。

つ ま り !

体の血流を改善してあげると少しでも梅雨時のだる〜〜い症状を緩和できる可能性があるということですね!

シャワーですませてしまう入浴ではなく、しっかりと湯船につかる。

寝る前にストレッチングでカラダを伸ばす。

食事に気をつける。

こんなことで、梅雨のダルさに打ち勝てます!

というわけで、江川も実践してみます????

それでは今回はこの辺で(^^)/~~~

横浜市南区はら接骨院|お問合せはこちら

各種保険取扱・交通事故・労災

TEL:045-326-6882

TOPへ戻る